プロフィール

十六夜

  • Author:十六夜
  • 負け組人生街道まっしぐら☆彡
    刑務官目指している皆さん、応援してます。
    質問あればここへ、どうぞ。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
久しぶりに更新します。

まずは身辺から。
実は刑務官退官後勤めていた会社を辞め、単身中国に渡っています。
目的は中国語を習うことと、中華圏の文化を知りたいがためです。

きっかけは、前職です。
SEをやっていた頃に中国人とたびたび仕事をする機会があったのですが、こちらからお願いした内容とできあがった内容がかけ離れていたことが多く、結局自分自身で全部やり直すことが多々ありました。
おまけに、こっちが問題点を指摘すると、「言われたとおりにやっただけです」的な反論が('A`)ううう…
中国人はそんなもんと済ませると、刑務官時代の先輩とレベル同じなので、敵を知り己を知ればなんちゃらということで、こちらに渡航したという次第です。

さて、刑務官が触れる外国人というとF級施設があります。
東京管区だと府中がそれに当たるわけですが、実際問題としてF級施設にのみ外国人がいるわけではありません。現在、どうなっているのかは分かりませんが(同僚は支部とかに移ってしまったので情報もあまり…)、私がいた頃は大型の施設であればほぼ外国人がいたような感じがします。
加えて私がいたところは、振り分け機能を持った施設だったため多種多様な国籍の人がいました。
中国、韓国、朝鮮、フィリピン、ベトナム 変わったところで覚えているのはスリランカなど。

保安上、外国人は特殊扱いになっています。理由は、塀の中にはいるとおとなしくなる日本人と違って、外国人はとかく逃げようとするため。
#まぁ、大陸なら逃げ延びるとかありえそうですしねぇ…(笑)
また、外人だと食事が異なっていることもあります。小皿に豚肉の炒め物のところが、キュウリの漬け物になっている等々。

これから刑務官になる人は、過剰収容下の過労と、対外国人とのごたごたで起きるストレスに十分気をつけて欲しいなと思っています。体は資本なり ですね。
スポンサーサイト

<< コメント | ホーム | 色々と。 >>

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。